医療 アロマセラピーみ

ビル

医療におけるアロマセラピーについて

アロマセラピーとは、エッセンシャルオイルを使ったリラクゼーションによってストレスを解消し、病気の予防や治療をおこなう事です。
アロマセラピーはヨーロッパでは古くから存在しているもので、民間医療として親しまれてきました。
現代の医学ではストレスが溜まると体の免疫力が落ちるという事が分かってきていますが、アロマセラピーでは嗅覚刺激によって人間の精神に働きかける事によってストレスを緩和します。
現代医療では単純にウイルスや病巣などを取り除けば病気が治ると考えられていますが、病気の治療は体だけでなく心も治すことが重要です。
つまり人間の体のハード面とソフト面の両方をバランスよく治療する事がこれからの医療には必要です。