医療 アロマセラピーみ

ビル

医療の現場で利用されるアロマセラピー

匂いというのはとても重要なもので、私達の生活に密接に結びついているものです。
食事をする際にも、鼻をつまんで食事をすると美味しさがわからなくなってしまうほど、普段は気が付かなくても私達は嗅覚を頼りに生活しているのです。
そんな人間の嗅覚を医療の現場でも利用しようという試みが最近になって行われるようになっています。
前々からあろまアロマセラピーと呼ばれるものはありましたが、それを利用して患者の精神面をケアしようというのです。
病院では患者は常に強いストレスにさらされることが多くなっています。
そんな中、心療内科を始めとして大きな手術前の患者や出産前の妊婦などの精神面をケアする目的でアロマセラピーが利用されているのです。