医療 アロマセラピーみ

ビル

医療アロマセラピーとは

最近の医療には、病気のみを治すのではなく、治療しながらも心身ともにトータルでケアし、生活の質を保つ治療が大切という意識が高まりつつあります。
そのような背景のなかで、医療アロマセラピーが注目され始めました。
直接病巣に対しての治療を行うものとは別に、間接的に全身に働きかけ、治療の効果を高めるための医療として行われています。
植物から抽出した精油を使い、マッサージや芳香効果で心身の不調を癒します。
この香りは、自律神経やホルモンなどに働きかけ、全身をリラックスさせる効果があります。
また、精油に含まれる成分が皮膚から吸収され、薬理効果を生み出します。
現在、この精油にはさまざまな種類があり、調合して作り出すものも含めるとその種類は多様です。
それぞれに薬理効果が異なるため、専門のセラピストによる症状改善にあった精油の配合が大切です。