医療 アロマセラピーみ

ビル

医療におけるアロマセラピーについて

アロマセラピーには、大きく分けてフランス式とイギリス式があります。
イギリス式のものは、香りによる癒し効果を利用してマッサージなどのリラクゼーションサロンで用いられています。
対してフランス式のものは、病気を治療する目的で医療の現場で用いられています。
医療分野で活用されているアロマセラピーは、メディカルアロマという名称で呼ばれています。
患者さんからヒアリングした内容を基にして、それぞれに最適なアロマオイルの調合が行われます。
香りによってストレスが軽減されることから、自然治癒力を高める効果が期待できると言われています。
メディカルアロマに関する資格を取得することで、医療機関でアロマの専門職として働くことができるようになります。